ポメラニアンの飼い方・しつけ方・性格・価格

放し飼いをしない

 

放し飼いをしないのは、今では当たり前のことですね。

 

のどかな田園風景の広がる田舎などでは、犬が勝手に散歩をして自由に歩き回るなんて光景もあります(笑)

 

でも、これは特殊な例ですね。

 

車通りも少なく、近所の人にも顔なじみであり、人に対しても従順な犬の場合に限ります。

 

危険がなければ犬を怖がる人もいませんし、犬も安心して歩くことができますからね。

 

でも、都会ではこういうわけにはいきません。

 

車の通りも多く、犬にとっても危険がいっぱいです。

 

中には心ない人もいます。

 

犬に毒入りのお団子を食べさせる残酷な人だっていましたね。

 

犬に悪気がなく、人を見て嬉しくて駆け寄ったり、飛びつこうとした時、何も知らない人は大抵驚きますね。

 

とっさのことで転んで怪我をしてしまうかもしれません。

 

都会での放し飼いは、犬にとっても人にとっても危険なことがいっぱいです。

 

大型犬の場合は、リードにつながれていないというだけで、恐怖を感じる人もいるかもしれません。

 

ポメラニアンの場合は、大抵室内で過ごしているので、よほどのことがない限り外へ逃げ出すこともないと思います。

 

放し飼いをすることはないと思いますが、一応外に出る時はリードに繋いで一緒に歩くようにしましょう。

 

ドッグランや犬を遊ばせることができる施設内では放し飼いもOKです。

 

思いっきり遊ばせてあげてくださいね。