ポメラニアンの飼い方・しつけ方・性格・価格

避妊・去勢手術のタイミング

 

避妊・去勢手術については、飼い主さんの考え方次第なので、手術に反対という人もいると思います。

 

中には、避妊・去勢手術をしなくても一生健康で寿命をまっとう出来るワンちゃんもいますからね。

 

でも、すべてのワンちゃんがそうだという保証はどこにもないのです。

 

人間の都合で、生まれ持ったものを取り除くことは確かに残酷なようにも思えます。

 

しかし、避妊・去勢手術をしておくことで将来的な病気の予防もできますし、病気になる確率も下げることができるのです。

 

避妊・去勢手術のタイミングの理想は、生後6ヶ月前後と言われています。

 

男の子の場合は、前立腺などの病気を予防することができます。

 

女の子の場合は、子宮、乳腺などのトラブルや病気の予防ができます。

 

ポメラニアンなどの室内犬は、発情の時に出血があるので、ベッドを汚さずに済みます。

 

避妊・去勢手術をすることで、病気にかかる可能性も減り長生きできるとも言われています。

 

ただし、避妊・去勢手術をした後は、どうしてもホルモンバランスが崩れてしまいます。

 

今までと同じ量、同じ種類の食事を与えていると、太ってしまい肥満気味になることがあります。

 

食事をライトなどのカロリーを抑えたものに変えたり、運動量を増やすことで改善できます。

 

病気予防のメリットがある一方で、ホルモンバランスの変化で肥満になりやすいというデメリットもあります。

 

決めるのは飼い主さんです。

 

何が一番愛犬にとってベストなのか考えてみてください。