ポメラニアンの飼い方・しつけ方・性格・価格

水頭症

 

水頭症という病名を見てもわかるように、頭の中に水が溜まってしまう病気です。

 

水といっても水道の蛇口から出てくる水ではなく、脳内の脳脊髄液のことを指します。

 

脳脊髄液が過剰に分泌されているので、脳室が拡張している状態になります。

 

このため、神経的な症状が出てきてしまいます。

 

歩く時に転びやすかったり、変な歩き方をしたりします。

 

ボーっとしていたり、高齢犬でもないのに寝てばかりいたり、転ぶとすぐに起き上がれないなど、明らかに普通ではない症状が現れます。

 

中には痙攣したり、てんかんの発作を起こす場合もあります。

 

水頭症の原因については、先天性のものと、ウイルス性の病気や頭への衝撃などが原因になる後天性のものがあります。

 

ポメラニアンなどの短頭種の小型犬に多い病気としても知られています。

 

水頭症の治療は、脳骨髄液の分泌を減らす薬と、脳圧を下げる薬を使っていきます。

 

ウイルス性の病気が原因で水頭症になった場合は、まず原因となっている病気の治療も行います。

 

しかし、全ての水頭症に症状が出るとは限りません。

 

中には無症状の場合もあるので、この場合は特に治療はしないようです。

 

症状がある場合に限り治療をするようですね。

 

いずれにせよ、症状が出た場合には、すぐに診察を受けて治療を開始するのが望ましいですね。