ポメラニアンの飼い方・しつけ方・性格・価格

白内障

 

人間の白内障と同じように、犬にも白内障という目の病気があります。

 

基本的な部分では、人間と同じように目の水晶体が白く濁っていくことで、視力が低下してしまいます。

 

主な原因は、加齢によるものがほとんどですが、先天性の場合もありますし、糖尿病などが原因で白内障になることもあるようです。

 

犬も年をとってくると、口の周りや顔の毛が白く、白髪のようになってきます。

 

それに伴い、目もなんとなく白くなってきたな〜といった印象を受ける場合があります。

 

これが加齢性白内障なんですね。

 

一般的な治療法としては、点眼薬などで白内障の進行を遅らせる治療をしていきます。

 

白内障の進行は、原因によっても違いますし個体差があるためどのくらいで、失明するかについては、はっきりとわかっていません。

 

目が見えにくい、または目が見えない場合に外科手術をする治療法もありますが、網膜が委縮している場合は、手術をしても視力が回復しないので、手術前の網膜検査が重要になります。

 

犬の場合は、目の手術でも全身麻酔になるので、麻酔のリスクなどを考えると慎重な判断も大切になりますね。

 

高齢犬の場合は、あえてリスクを冒して手術に踏み切るよりも、徐々に見えなくなっていきますが速度がゆっくりな場合、見えないなりに順応していきます。

 

この場合は、家の中の家具の配置を変えない、床に障害物となるようなものを置かないようにするなどの配慮をしてあげてください。