ポメラニアンの飼い方・しつけ方・性格・価格

進行性網膜萎縮症

 

進行性網膜萎縮症になると目の網膜が委縮してしまう事で、目が見えにくくなっていきます。

 

症状は徐々に進行していき、やがては失明してしまう病気です。

 

原因は主に遺伝であることがわかっています。

 

残念ながらまだ、治療法が確立されていないので、失明は避けられないようですね。

 

ただし、遺伝性であることがわかっている以上、安易な繁殖はしてはいけないという事を理解してほしいと思います。

 

進行性網膜萎縮症は、初期の段階ではなかなか見分けがつかない厄介な病気です。

 

白内障のように白く濁るなどの症状がないため、飼い主さんも気づかない場合が多いのです。

 

症状が進むにつれて、夜になると目が見えなくなります。

 

夕方〜夜にかけてお散歩をする場合、進行性網膜萎縮症になるとつまずいたり、溝に落ちたりすることもあります。

 

その為、外に出るのを怖がるようになってきます。

 

唯一の救いは、完全に見えなくなるまでに時間がかかるので、見えないなりに順応してくれるというところでしょう。

 

住み慣れた家の中なら、ある程度の状態を感覚で覚えているので、壁伝いに歩くなどすれば、人間が思うほど不自由さは感じないと考えられています。

 

もしも、愛犬が進行性網膜萎縮症になってしまった場合は、家の中で過ごしやすいように愛情を持って接してあげてください。

 

お散歩も広くて障害物のない場所を選びゆっくりと歩かせてあげましょう。