ポメラニアンの飼い方・しつけ方・性格・価格

クッシング症候群

 

クッシング症候群は、副腎皮質ホルモンの分泌が通常よりも増えてしまう事で、多飲多尿、抜け毛、薄毛、体重減少などの様々な症状が現れる病気です。

 

また、食欲が増えているのに太れずに痩せていくといった症状もあります。

 

クッシング症候群で毛が抜ける場合は、左右対称に抜けるという特徴もあるので、覚えておくといいですね。

 

主な原因は、脳下垂体の過形成、腫瘍によって副腎資質ホルモンが多く分泌されることにあります。

 

アトピーの治療で、コルチコステロイド剤を使用していて突然やめてしまった時、その副作用でクッシング症候群になることもあると言われています。

 

治療法としては、薬を服用していく薬物療法になります。

 

腫瘍が原因となっている場合には、まず原因である腫瘍を取り除く手術や放射線治療を優先する場合もあります。

 

クッシング症候群という病気は、今のところ予防法がありません。

 

そのため、早期発見&早期治療が大切になります。

 

飼い主さんの勝手な自己判断で、服用している薬を突然やめさせてしまうことなどはないようにしましょう。

 

特に、副腎皮質ホルモン系の薬の場合は要注意です。

 

必ず獣医師の指示に従って正しく服用させていきましょう。

 

ポメラニアンはクッシング症候群になりやすい傾向にあると言われています。

 

少しでも疑わしい点があった時は、すぐに動物病院に連れていきましょう。