ポメラニアンの飼い方・しつけ方・性格・価格

股関節不全(レッグぺルテス症)

 

股関節不全(レッグぺルテス症)は股関節不全の一種になります。

 

股関節は、骨盤と大腿骨とつながっています。

 

この体を支えるといってもいいほど重要な役割を果たしている骨の関節部分が変形してしまうのです。

 

この変形により、骨が摩擦され動いた時に痛みを感じる病気です。

 

ビッコを引いたり、歩きたがらなくなるという症状も現れます。

 

主な治療法は外科手術になります。

 

骨と骨をつなぐ、骨頭の部分を切除します。

 

ポメラニアンのように小型犬の場合は体重が軽いので、骨頭を切除して手術は終わりです。

 

大型犬のように体重が重い場合は、人工的に骨頭を作ることになりますが、体重がかるく負担も少ないので、後は日常的な運動で筋肉を鍛えることで補えるそうです。

 

歩くたびに股関節が痛かったら・・・想像しただけでも辛そうですね。

 

犬がいつもと違う、いつもとは何かが違う時には、必ず何らかのサインを出しています。

 

飼い主としては、言葉を話すことができない犬のためにも、このサインを見逃さずにいたいものですね。

 

手術は骨頭を切除するだけなので、比較的、術後の回復も早いと言われています。

 

このような関節や体を支えている骨のトラブルは、肥満が原因になることもあります。

 

ポメラニアンのような小型犬は骨や関節も細くデリケートなので、太らせすぎないような食事管理も大切ですね。