ポメラニアンの飼い方・しつけ方・性格・価格

膝蓋骨脱臼

 

膝蓋骨脱臼はポメラニアンなどの小型犬多い病気としても知られています。

 

膝蓋骨というと、なんだか難しい骨のように聞こえますが、膝のお皿と言えば誰にでもわかりやすいですね。

 

膝蓋骨脱臼とは、この膝のお皿が外れてしまう状態のことを言います。

 

主な原因としては、生まれつきの関節異常の先天性の場合。

 

室内で生活するポメラニアンにとって、フローリングなどの床はとても滑りやすい状態になります。

 

つい楽しくて興奮して部屋を走り回り、急に向きを変えたりした時に、膝蓋骨脱臼になることも多いので、フローリングの場合はマットを敷くなどして、膝蓋骨脱臼予防に努めましょう。

 

この怪我などの場合を、後天性のものとしています。

 

大型犬の場合は、膝のお皿が外側に脱臼するのが多いのに対し、ポメラニアンなど小型犬は内側に脱臼することが多いと言われています。

 

膝のお皿がずれてしまうのですから、酷い場合は痛みも伴い、歩くことができない場合もあります。

 

症状にも個体差があるの一概には言えませんが、ビッコを引いたり、歩き方がおかしかったりしますが、膝を戻してあげると、カクンとはまり何でもなかったようにしているケースもあります。

 

しかし、この場合でも膝蓋骨脱臼が治ったわけではありません。

 

外れやすくなっているので、何度でも脱臼してしまいます。

 

症状が軽い場合は、レーザー治療で改善されることもありますが、大抵の場合は最終的に外科手術が必要になります。