ポメラニアンの飼い方・しつけ方・性格・価格

僧帽弁閉鎖不全症

 

僧帽弁閉鎖不全症は、心臓病の一種です。

 

ポメラニアンなどの小型犬で高齢期に多く発症するという特徴があります。

 

犬の心臓病の中でも一番多いといってもいいでしょう。

 

僧帽弁閉鎖不全症の症状の一つに、咳があるのですが、この咳がとても辛そうで特徴があるのです。

 

喉を締め付けられたような、ゼェゼェ、ハァハァととても辛そうな咳です。

 

これは心臓にある、僧帽弁という血液の逆流を防ぐ弁が分厚くなり、しっかりと閉じることができないために血液が逆流してしまうのです。

 

はっきりとした原因は解明されていないのですが、ある程度の年齢になって、変な咳をした時はすぐに動物病院で診察を受けてみましょう。

 

一度、僧帽弁閉鎖不全症になってしまうと完治する方法がないために、薬を飲んで進行を抑えることが大切になります。

 

症状が進行していくと肺水腫などを引き起こし、時には命にかかわる場合もあります。

 

太り過ぎは心臓に負担をかけるため、食事療法と体重管理も大切になります。

 

激しい運動も心臓に負担をかけてしまうので、お散歩もある程度制限しなければいけません。

 

僧帽弁閉鎖不全症は、どの犬種でもかかる病気ですが、ある程度の年齢になったら定期健診をオススメします。

 

この場合も早期に発見し、進行を食い止めることで症状も酷くならずに済みます。

 

しかし、一度薬を飲み始めたら生涯にわたり飲み続ける必要があります。

 

症状が改善されてもそれは薬の効果です。

 

やめてしまえば再発しますので、しっかりと薬を飲ませていきましょう。