ポメラニアンの飼い方・しつけ方・性格・価格

停留精巣

 

停留精巣とは、男の子のワンちゃん限定の病気になります。

 

男の子の場合は生まれたばかりの時は、ツルンとした可愛いお腹にちょこんと男の子の印が付いていますね(笑)

 

成長とともに睾丸が陰のうまで下降してきます。

 

目安はだいたい生後6ヶ月くらいになりますが、個体差があるので早い子もいれば、もう少しのんびりと下降してくる子もいます。

 

しかし、生後1年近く経つのに、しっかりと睾丸が下降してこないことがあります。

 

この場合は、腹腔内に留まってしまっているのです。

 

これを停留精巣と呼んでいます。

 

特に痛みなどがないのでそのままでも大丈夫だと思ってしまいがちですが、そのままにしておけば当然、繁殖には使えませんし、ドッグショーに出す場合は致命的になってしまいます。

 

さらに、症状がないからとそのままにしておくと、腹腔内で腫瘍化してしまい色々な危険を伴う事にもなりかねないのです。

 

主な原因は遺伝なので、停留精巣の子は絶対に繁殖させないよう徹底しましょう。

 

治療法としては、去勢手術が一般的です。

 

停留精巣が片方の場合もあれば、両方の場合もあります。

 

腹腔内の場合もあれば、そ径部に留まっている場合もあります。

 

いずれの場合も、去勢手術の時に全て取り除くことで将来的に腫瘍化することもありませんし、他の病気の心配もなくなります。