ポメラニアンの飼い方・しつけ方・性格・価格

コクシジウム症

 

コクシジウム症は、寄生虫が持つ病原菌に感染することで、下痢や脱水を引き起こす病気です。

 

主に子犬が感染しやすい病気として知られています。

 

コクシジウム症の特徴として下痢があげられますが、お腹が緩いという程度のものではなく、水のようになってしまうのです。

 

頻繁に水のような下痢をすることで、脱水症状もあらわれてきます。

 

子犬の場合は、元々体力がありませんね。

 

ただでさえ危険な脱水症状を子犬が引き起こしてしまったら、衰弱してしまいます。

 

主な感染源はフンなので、散歩の時にむやみに他の犬のフンに近づかないように注意しましょう。

 

多頭飼いの場合は、他の犬がコクシジウムに感染していれば、そのフンから感染する可能性も高くなります。

 

フンはすぐに片づけることを徹底することで、ある程度予防が可能になります。

 

主な治療法としては、サルファ剤や抗コクシジウム剤を使って治療していきます。

 

約1週間薬を投与して、その後検便をします。

 

改善されていない場合は、もう少し薬を続けていきます。

 

脱水している時には、点滴などをして脱水症状を改善する治療も行います。

 

一度でもコクシジウム症になった時は、飼育環境も徹底的に消毒する必要があります。

 

これは再発を防ぐためにも、とても大切なことなので、覚えておきましょう。

 

消毒の方法などは、動物病院で教えてくれるので聞いてみるといいですね。