ポメラニアンの飼い方・しつけ方・性格・価格

トリコモナス症

 

トリコモナスというのは、犬であればどの犬でも結腸や盲腸に寄生している寄生虫です。

 

何らかの原因で症状が現れると、下痢やウンチに血が混じるといった症状が現れます。

 

主に消化器系にダメージを受けます。

 

原因は、経口感染になります。

 

子犬の時は、ワクチンを接種していてもまだ抵抗力がないので、できるだけ他の犬との接触は避けておくといいですね。

 

健康な成犬には、なんてことがないものも、子犬にとっては大打撃になることもあるという事です。

 

子犬のうちだけは、ちょっとだけ神経質なくらい病気の可能性のあるところには近づかないようにしておきましょう。

 

主な治療法は、内科療法です。

 

駆虫剤を約1週間ほど飲ませれば大抵はすぐに良くなって症状も改善されていきます。

 

ただし、コクシジウムやジアルジアといった同じ、寄生虫が原因の病気を併発すると症状も酷くなるので、子犬の時には、できるだけ危険なものには近づかせないことを徹底しておきましょう。

 

しっかりと抵抗力がつくまでの間は、自宅の庭などで遊ばせる方が安全かもしれません。

 

トリコモナス症の場合も、早期発見&早期治療が大切です。

 

何か少しでもいつもと違う、何か変だと異常を感じたら軽視せずにすぐに動物病院へ行き、検査、診察を受けるようにしておきましょう。