ポメラニアンの飼い方・しつけ方・性格・価格

出血・外傷の応急処置

 

知っておくといざという時に、必ず役に立つので知識としてだけでもいいので覚えておきましょう。

 

何かの拍子に怪我をさせてしまう事もあるかもしれません。

 

そういう時には、まず自分で出来ることをしておくことも大切です。

 

どんな場合でも怪我をしたら、まずは動物病院へ連れていくことは基本中の基本ですね。

 

でも、できることをしておくだけでもいい場合もありますので、出血・外傷の応急処置について考えてみましょう。

 

まずは、それほどひどい出血・外傷でない場合は、まず患部をキレイに洗います。

 

清潔にするのが何より大切ですね。

 

これは人間も犬も同じです。

 

傷が浅い場合は、患部をキレイにしてすぐに出血が止まっているかどうか確認しましょう。

 

そこで出血も止まり、腫れや骨折がないようならばそのまま様子を見て、犬が落ち着いたら病院へ連れていきましょう。

 

でも、出血が酷い時はそう言っていられません。

 

体の小さいポメラニアンなら、少しの量でもダメージを受けてしまうかもしれません。

 

出血が酷い時は、すぐに動物病院へ連れていきます。

 

傷口も下手に触ると雑菌が入ってしまうので、患部を清潔なガーゼなどで押さえておきましょう。

 

傷口が激しく痛む場合は、ワンちゃん自身もパニックになっています。

 

飼い主さんでも、噛みつくことがあるので口輪や、噛まれてもいいように手を何かで覆って処置するといいですね。

 

何はともあれ、すぐに病院に連れていくことが大切です。