ポメラニアンの飼い方・しつけ方・性格・価格

日射病・熱射病の応急処置

 

最近、家の中にいても日射病や熱射病になることが増えています。

 

もちろん、ワンコたちも例外ではありません。

 

家の中にいても日射病や熱射病になってしまうので、室内環境には十分に注意しましょう。

 

まず、日中家でお留守番させる時は、留守にしているので窓を開けっ放しというわけにはいきませんね。

 

電気代はかかってしまいますが、クーラーは付けておいてあげましょう。

 

ケージに入れておく場合は、直射日光が当たらないようにカーテンも閉めておいてください。

 

クーラーをかけていても、ワンちゃんのいる所だけ日が当たり暑ければ、逃げ場がないので、日射病・熱射病になってしまいます。

 

まず、日射病・熱射病ともにとても危険な状態という意識を持っていましょう。

 

人間だって、日射病・熱射病でそのまま放置しておけば死んでしまう事だってありますね。

 

それは犬も同じなんです。

 

まずは、冷水でぬらしたタオルで体を包み、全身を冷やしてあげましょう。

 

バスルームへ連れて行き、シャワーで水をかけてもいいと思います。

 

そして、同時に保冷剤などをタオルに包み、脇の下や内またを冷やしてあげるといいでしょう。

 

首の後ろを冷やしてあげるのも効果的です。

 

これは人間の場合とまったく同じですね。

 

そして、水分補給も忘れずに行いましょう。

 

スポーツドリンクがあったら、それを少し薄めて飲ませてあげます。

 

無い時は、水でもかまいません。

 

欲しがるだけ飲ませてあげましょう。

 

冷やし過ぎも良くないので、様子を見ながら行いましょう。

 

もしも意識を失っている時には、とにかく体を冷やしながらすぐに動物病院へ連れていきます。

 

日射病・熱射病の応急処置は、とにかく冷やすことと、水分補給が大切と覚えておきましょう。