ポメラニアンの飼い方・しつけ方・性格・価格

爪のお手入れ

 

トリミングに出すなら、毎回トリミングの度に爪切りもしてもらえますね。

 

でも、自宅でお手入れをしている人の場合は、爪切りは自分でしなければいけません。

 

大型犬の場合は、アスファルトの上を歩いていると、体重もあるのである程度は削れてくれますが、体重の軽いポメラニアンは、アスファルトの上を歩いてもそうそう爪が削れるほどは歩きませんね。

 

なので、定期的に爪切りをしてあげる必要があるのです。

 

爪切りをしないままでいると、爪の血管や神経も伸びてきてしまうのをご存じですか?

 

爪が長いままだと歩きにくいですし、肉キュウに刺さってしまう事もあるので、爪切りは必ず行いましょう。

 

まず、毛の白っぽい子の場合は爪も白いので、血管の場所も見分けやすいですね。

 

血管を切らない程度に、切りそろえてあげましょう。

 

爪の黒い子は、外見からでは血管の位置を判断することができません。

 

爪切りの時は一気に切らずに、少しずつ様子を見ながら切っていきましょう。

 

一度でも血管や神経を切り、血を出してしまうと爪切りを嫌がるようになります。

 

爪が黒くても少しずつ慎重に進めていけば、失敗もなく爪切りができますよ。

 

まず、短めに切ったら切った爪を見てみましょう。

 

真ん中の辺りにうっすらと神経の穴の名残がみえたら、それ以上切ると血が出ます。

 

切った爪の中央を見ながら進めていくといいですね。

 

もしも血が出てしまった場合は、止血剤ですぐ血が止まるので止血剤も用意しておきましょう。