ポメラニアンの飼い方・しつけ方・性格・価格

肛門腺絞り

 

小型犬の場合は、肛門腺絞りも必要なお手入れになります。

 

肛門の周りに、肛門膿といって分泌物を出す臭い袋のようなものがあるのです。

 

これは個体差があり、それぞれ臭いが違います。

 

とても臭いにおいのするものなのですが、犬にとっては自分のにおいをアピールする大切なものなんですね。

 

ある日突然、ワンコが床にお尻をこすりつけるようなことをしているのを見たことがありませんか?

 

お尻を床につけた状態で、そのまま前にスルスルと器用に歩いていきます。

 

これは、肛門腺が溜まっている時にやるので、肛門腺絞りの目安にしてもいいですね。

 

トリミングに出す時には、お願いしておけば肛門腺絞りもしてもらえるので、お願いしておきましょう。

 

自分でやってみたい時には、肛門の4時と8時の辺りをつまむようにして引きあげます。

 

この時、絞るようにやってみましょう。

 

でもなかなか難しいので自分で出来ない時は、動物病院でやってもらう事もできます。

 

ココで一つ、豆知識を。

 

どんなに可愛い家族でも、肛門腺から出たものはとても臭いです。

 

一度手に着くと洗ってもなかなか臭いが消えません。

 

自宅で肛門腺を絞る時は、ゴム手袋をすることをオススメします。

 

ほんとに臭いんですよ・・・。

 

なので、自宅で肛門腺絞りをする時には、シャンプーの前がオススメです。