ポメラニアンの飼い方・しつけ方・性格・価格

交配の注意点

 

言うまでもないと思いますが、いくら可愛いからといって何も考えずに、うちの子に子供を産ませたいと思うのはやめておきましょう。

 

本気で交配を考えているなら、ある程度ポメラニアンについての知識を持っておくことも必要ですし、大切なことです。

 

どんな犬でもそうですが、毛色などによっては交配させてはいけない色同士というのがあります。

 

もしも、なにか先天性の病気を持っていたり、遺伝性の病気を持っているのなら、絶対に交配させてはいけません。

 

生まれてくる子犬も同じ病気を受け継いでしまうからです。

 

本当に交配させたいと思うなら、ポメラニアンという犬種について勉強するくらいの努力はしましょう。

 

そして、遺伝子が何代前まで影響するのかも知っておきましょう。

 

あえて厳しい言い方をするなら、血統書の見方もわからない人には、交配を考えるのは100年早いと思います。

 

遺伝性の病気を受け継いだ子犬は、とても弱く成犬になる前に死んでしまう事だって十分考えられます。

 

そういう不幸な子犬を増やさないためにも、交配はとても難しいものだという事を理解してください。

 

とはいっても、自分で何から何までするのは無理なので、実際に交配させる時にはブリーダーに頼むのが一番確実だと思います。

 

この時、交配の前にシャンプーを済ませておくとか、余裕を持ってブリーダーのところへ連れていくなど色々と注意事項を教えてもらえますので、まずは自分で調べてみましょう。

 

聞きかじりでは、本当の知識とは言えませんからね。