ポメラニアンの飼い方・しつけ方・性格・価格

産後の母犬について

 

長いようであっという間に自宅で迎える初めての出産が無事に終わりました。

 

出産の時にはどうしても分泌物が出るので、あらかじめ何重にもペットシーツを重ねておき、汚れるたびにシーツごと捨てて、キレイなものを敷いてあげるようにします。

 

胎盤には栄養があるので、それを食べようとしますが、食べさせない方がいいと聞いていたので、すぐに取り除きました。

 

子犬が皆無事に産まれたら、まずは初乳を飲ませてあげましょう。

 

この時、飼い主でもそばにぴったりくっついていると警戒することがあるので、できるだけ離れたところから見守ってあげるようにします。

 

しばらくは母犬は付きっきりで子育てをしていくので、食事とお水は運んであげるようにします。

 

出産後は、母犬も相当体力を消耗しているので、お乳を飲ませながらウトウトと寝てしまう事もあります。

 

しばらくすると、さすがにお腹が空くのでしょうね。(笑)

 

我が家の場合、栄養たっぷりの食事を運んで食べさせてあげると、あっという間に平らげてしまいました。

 

お水もいつでも飲めるようにしておきます。

 

あまりにも可愛いので、1日中見ていても飽きないくらいなのですが、最初の数日間はできるだけ親子水入らずで過ごさせてあげましょう。

 

食事とトイレの掃除の時以外は、じっと我慢です。

 

しばらくの間は子犬にお乳を飲ませることになるので、母犬には十分に栄養のあるものを食べさせてあげましょう。