ポメラニアンの飼い方・しつけ方・性格・価格

ポメラニアンの血統書

 

ペットショップやブリーダーで、子犬を購入した時、その犬が純血種であれば必ず血統書が付いてきます。

 

実際のところは、ドッグショーに出したり、知識を十分に持っている人が自家繁殖をするとき以外は、ほとんど血統書は必要ありません。

 

我が家のワンコ達にも一応、血統書はついていますが、最初に届いた時に、チラっと見て以来しまったままになっています。

 

時間がある時に、じっくり血統書を見てみるといいかもしれませんね。

 

まず、血統書には犬名というのがあります。

 

これは繁殖者が登録する時に、犬舎の名前と正式名として考えたものを登録することが多いので、普段呼ぶ名前とはだいぶ違っています。

 

日本の場合はほとんどが、JKC(ジャパンケンネルクラブ)の発行した血統書になります。

 

犬種、登録番号、性別、毛色や兄妹犬の情報もわかるので、じっくり見てみると意外な発見もあったりします。

 

母犬、父犬、おじいちゃん犬、おばあちゃん犬や、さらにさかのぼった先祖の犬も記載されています。

 

家系図のようなものですね。

 

毛色を登録するのは、繁殖者が血統書を登録する際、直感で決めるので後になって違う色だったという事もあります。

 

どうしても納得いかない場合は、繁殖者に問い合わせてみましょう。

 

たぶんその時はその色だったといわれるはずですが、悪意はないと思います。

 

後から血統書の名義変更もできます。

 

詳しくはJKC(ジャパンケンネルクラブ)のホームページを見ればわかりますので、自分で手続きしてみてくださいね。