ポメラニアンの飼い方・しつけ方・性格・価格

ポメラニアンのトリミングは必要ですか?

 

ポメラニアンのトリミングについては、飼い主さんの好みやどれだけ手をかけてあげられるかですね。

 

基本的に毎日のブラッシングをきちんとしていれば、トリミングは必要ではありません。

 

ただし、ポメラニアンは食が細くお腹をこわしやすいので、お尻の周りの毛は、つねに短くしておいた方がいいでしょう。

 

あとは足の裏の毛ですね。

 

トリミングに出さなくても、足の裏の毛と、お尻の周りの毛に注意しておけば問題もないと思います。

 

年に何度か必ずやってくる、毛が生え換わる季節にはきちんとブラッシングをしてあげることが大切です。

 

自宅でのシャンプーとドライヤー、毛の手入れが大変なら、トリミングに出すのもいいと思います。

 

ですから、ポメラニアンは必ずトリミングが必要というわけではありません。

 

ポメラニアンは涙が多く分泌されるので、涙をこまめにふき取ってあげることも大切です。

 

そのままにしておくと、常に湿っている状態なので湿疹ができたり、涙ヤケを起こして毛色が変色してしまう事があるからです。

 

専用の拭き取りローションもあるので、そういうものを使ってもいいですね。

 

季節を決めて夏だけトリミングに出すというのもいいでしょう。

 

トリミングでまるで柴犬のようになっているポメラニアンを見かけて、うちの子も柴犬カットにしてみたいと思う飼い主さんも多いようです。