ポメラニアンの飼い方・しつけ方・性格・価格

先住犬がいてもポメラニアンを飼う事はできますか?

 

犬種に限らず、犬には相性というものがあります。

 

これは人間と同じですね。

 

どんなに飼い主さんが仲良くして欲しいと望んだとしても、ウマが合わない犬同士は仲良くなることは難しいでしょう。

 

多頭飼いをする場合、こういう愛称の悪い犬同士を一緒にさせておいても、お互い距離をとり、常にピリピリした状態になってしまいます。

 

先住犬がいた場合は、まず先住犬の性格を考えてから新しく迎える子犬を決めていくのがオススメです。

 

先住犬がとても明るく、フレンドリーな性格ならばまず問題はないと思います。

 

犬種が違っても、仲良くやっていけるでしょう。

 

先住犬がとても神経質で、臆病な性格の場合は、どんな性格の子犬でも、うっとおしく邪魔に思うかもしれません。

 

子犬は無邪気に先住犬にじゃれついていこうとしますが、これがストレスになってしまう事も考えられます。

 

今まで一人で静かに暮らしていたところに、元気いっぱいの子犬が来たら・・・先住犬は精神的に参ってしまうかもしれません。

 

こういう場合は、犬の性格をよく考えてから決めてあげましょう。

 

どんなに性格のいい犬でも、新しく子犬を迎えた場合には、何をするにも先住犬を優先させることも忘れないでください。

 

子犬の可愛さから、つい甘やかしたり、先住犬を後回しにしてしまうと、そこで順位が完全に入れ替わってしまいます。

 

先住犬に対する配慮もしてあげましょう。