ポメラニアンの飼い方・しつけ方・性格・価格

白いポメラニアンは寿命が短いって本当ですか?

 

白いポメラニアンの寿命が短いかどうかは、とても難しい問題ですね。

 

白いポメラニアンだからといって、必ずしも寿命が短いというわけではありません。

 

「白=アルピノ」という事から考えて、色素の薄い子は抵抗力などもないので弱いと考えられていますね。

 

白いポメラニアンでも長生きする子はたくさんいます。

 

これは遺伝子の問題になるのではないでしょうか。

 

もしも白いポメラニアンで、鼻がピンクで目がブルーの場合、色素が薄いので遺伝子的にもちょっと心配な要素があることは否定できません。

 

白いポメラニアンでも、鼻も目も黒い子なら、特に問題はないと思います。

 

クリーム系のポメラニアンは元々ある色なので、こういう風な考え方はしないようですね。

 

白いポメラニアンに限って、平均寿命が短いと言われているようです。

 

白いポメラニアンだから、この子は弱い子、長生きできないと決めつけないでくださいね。

 

例え遺伝子的に不安要素のある白いポメラニアンでも、飼い主さんがしっかりと健康管理や病気予防に気を配ってあげれば、健康で元気に過ごせるはずです。

 

長生きして欲しいのなら、去勢や避妊手術も考えてみましょう。

 

何がその子にとって本当の幸せなのかを考えてあげることが大切です。

 

病気がちで弱い子は手もかかりますし、大変な思いもするかもしれません。

 

でも、その分たくさん愛情を注いであげて欲しいと思います。