ポメラニアンの飼い方・しつけ方・性格・価格

子犬が覚えやすい名前をつける

 

ワンちゃんの名前を考える時って、すごく考えてしまいますよね。

 

悩みに悩んで、コレと決まった時はちょっぴり嬉しいものです。

 

でも、あまりにも長ったらしい名前や呼びにくい名前は、呼んでもワンちゃんが自分の名前だとわからないこともあるので、できるだけ短く、はっきりと聞き取れる名前がいいと思います。

 

名前を考える時は、好きなアニメのキャラクターの名前をもらったり、好きな俳優さんの飼っているワンちゃんと同じ名前をもらったりと、色々ですね。

 

正式名はちょっと長くても、呼ぶ時にニックネームのように短縮して呼んだりすることもあるでしょう。

 

でも、この場合は、その時の気分で呼び方を変えるのは、子犬が戸惑ってしまう事になるので、ニックネームで呼ぶのならそれで統一しましょう。

 

多頭飼いの場合は、できるだけ名前を似たような名前にしない方がいいかもしれません。

 

例えば、「ナナ」と「ハナ」という名前を付けたいと思った時、母音を見てみましょう。

 

「ナナ」は「ああ」、「ハナ」も「ああ」になりますね。

 

前にワンちゃんは言葉を、母音で聞き分けると何かの本で読んだことがあります。

 

ですから、ナナちゃんを呼んでいるのにハナちゃんが振り向いたり、こっちに来たりすることがあります。

 

子犬の名前を付ける時は、母音も考えて付けてあげるといいですね。