ポメラニアンの飼い方・しつけ方・性格・価格

獣医師の説明がわかりやすい

 

獣医師の説明がわかりやすいのも、これから先通うであろう動物病院を決めるポイントです。

 

ワンちゃんは言葉を話すことができませんので、具合が悪くなったりいつもと様子が違うと、とても心配になりますね。

 

すぐに動物病院に連れて行き、治療をしてもらった時、いったいどこが悪くて、どういう治療をして、これからどうなるのか、といったことはとても気になるし、心配です。

 

どんな注射をして、どういう効果があるのか、どういう薬を飲ませて、どういう効果があるのか、これを知っているのといないのでは、全然違ってきます。

 

そういう時に、初めて犬を飼う飼い主さんにも、わかりやすいように丁寧に説明してくれると安心できますし、獣医師に対する信頼も生まれると思います。

 

聞いたこともないような専門用語を並べられ、説明されても何のことかさっぱりわかりませんね。

 

獣医さんは、しっかりと完璧に説明した気になっていても、飼い主さんは何の事だかわからなければ意味がありません。

 

また、質問した事に対して、当たり障りのないことしか答えが返ってこないのも不安になります。

 

もしかしてこの先生、「ちゃんとわかってないんじゃ?」、「適当に治療したの?」と不信感を持ってしまいます。

 

診察しながら、「どこが悪くて、これからこういう治療をしていきますが、いいですか?」と、そのたびに飼い主さんに説明して、了解を取ってくれたら安心ですね。

 

動物病院を探す時の判断基準の一つに、獣医師の説明がわかりやすいというのも入れておきましょう。