ポメラニアンの飼い方・しつけ方・性格・価格

子犬が以前食べていた食事を用意する

 

子犬が以前食べていた食事を用意するのは、とても大切なことなので、これから子犬を迎え入れる人は覚えておいてくださいね。

 

ペットショップやブリーダーのところで、今までどんなドッグフードを食べさせていたかを聞き、できればそれを少し分けてもらうか、同じ種類の物を用意しておきます。

 

親切なブリーダーさんの場合には、同じドッグフードをサービスで、付けてくれることもあります。

 

なぜ同じ物を食べさせる必要があるのでしょう?

 

「犬用のフードなんだから、どれも同じなんじゃ?」とこう思う人もいるかもしれませんね。

 

ドッグフードにも色々あって、成分や栄養、含まれる脂肪分などが、メーカーによって違うのです。

 

子犬は私たち人間が思っている以上にとてもデリケートなんですね。

 

だって、犬の赤ちゃんなんですから。

 

人間の子供や赤ちゃんだって、突然食べるものを変えてしまったら、胃がびっくりしてお腹を壊してしまいますね。

 

子犬も同じなんだと、理解してあげてください。

 

子犬が以前食べていた食事を用意するのは、子犬を迎え入れるにあたり一番大切なことの一つです。

 

もしも、今までドッグフードをふやかして、やわらかくしてから食べさせていたのであれば、しばらくそれと同じ状態で食べさせてあげましょう。

 

様子を見ながら、数粒硬いままのフードも混ぜてみて、大丈夫そうなら徐々に硬くしていきましょう。

 

ちなみに、お湯でふやかすと、周りは柔らかく中は硬いままになります。

 

完全にふやかしたいのなら、お水に入れてしばらく時間を置くといいですよ。