ポメラニアンの飼い方・しつけ方・性格・価格

子犬の抱き方

 

子犬のうちから上手に抱っこしてあげれば、誰に抱っこされても怖がったり、嫌がったりしなくなります。

 

子犬の時に、無理やり押さえつけて抱こうとしたり、痛いところを持って抱き上げてしまう事で、抱っこ嫌いのワンちゃんになってしまう事があります。

 

まずは、抱っこする前に子犬にたくさん触れて、スキンシップをとることから始めてみましょう。

 

遊びながら、いい子ねといって、体を触ってなでてあげます。

 

次に、子犬を仰向けにしてお腹や腿の内側、脇などを触っていきます。

 

この時、力を入れると痛がることがあるので、優しくなでてあげる程度がいいですね。

 

お腹や腿の内側を触られても痛くないんだ、気持ちいいんだとわかれば、大丈夫です。

 

最初は、床やソファーに座り、ひざの上で抱っこしてあげましょう。

 

子犬を抱く時は、前足のわきを片方の手で支え、もう片方の手でお尻を支えてあげます。

 

前足のわきだけ持って、高く抱き上げると、暴れたり動いたりした時に、誤って落としてしまう事があります。

 

ポメラニアンはとても足が細く繊細なので、これだけで骨折したり関節を痛めてしまう事があるので、注意してくださいね。

 

まずは、座って安定した状態で、体全体を支えて抱っこしてあげましょう。

 

お子さんがワンちゃんを抱っこする時にも、座った状態で抱っこの仕方を教えてあげましょう。

 

しっかりと体を支えることができれば、立った状態でも抱っこできます。