ポメラニアンの飼い方・しつけ方・性格・価格

子犬のさわり方

 

ポメラニアンの子犬は、フワフワの毛をしていますが、実際は手足も細くとっても華奢なんですね。

 

子犬を触る時は、決して力を入れて無理やり押さえつけたりしないようにしましょう。

 

誰でもそうだと思いますが、いきなり体のどこかを触られたら驚きますね。

 

触られる事に慣れていない子犬の場合、驚いて噛みついたりすることもあります。

 

しつけの途中の甘噛みならば、イケナイことと教えていくことができますが、成犬になって知らない人に触られた時、噛みついてしまっては大変ですね。

 

子犬の頃から、どこを触られても大丈夫なように少しずつ慣れさせていってあげましょう。

 

まずは、普通に遊んでみましょう。

 

頭や胸、お腹と少しずつ優しくなでてあげます。

 

次に子犬を仰向けに寝かせて、お腹や腿、脇をゆっくりマッサージするように触っていきましょう。

 

肉キュウや耳などもゆっくりと優しく触っていきます。

 

最初は嫌がるところもあるかもしれませんが、徐々にゆっくり周囲から触っていけば、触られても平気になってきます。

 

次に、子犬を膝に乗せ、お腹を前に向けて抱きかかえながら、体を触っていきます。

 

こうすると抱っこされても、体を触られても嫌がらずにお利口にしていることができるようになります。

 

決して無理強いせず、少しずつ進めていけば成功しますので、焦らず子犬のペースに合わせて挑戦してみましょう。