ポメラニアンの飼い方・しつけ方・性格・価格

正しいドッグフードの与え方

 

ドッグフードの与え方については、ワンちゃんの健康を維持するためにもとても大切なことですね。

 

まずは、毎日規則正しく決まった時間に、食事を食べさせてあげましょう。

 

食事の場所も決めておくといいですね。

 

今日はココ、明日はココというふうに気まぐれで食事の場所をコロコロと変えてしまうのは、しつけ上もよくないので、きっちりと場所を決めてあげることも大切です。

 

また、量も多すぎてもいけませんし、少なすぎてもいけません。

 

便の状態や体調を見ながらふさわしい量を見極めて、しっかりと食事を与えてください。

 

ドッグフードには色々な種類があり、年齢に合わせて種類を変えていくことも必要になってきます。

 

子犬の時にはパピー用のドッグフード、成犬になったら成犬用のドッグフードを与えます。

 

老犬に差し掛かる頃になったら、老犬用の消化のいいものに変えていくことも大切です。

 

フードの種類を変える時も、いきなり全部変えてしまうのはやめましょう。

 

昨日まではパピー用を食べていたのに、今日から成犬用を与えるなどというようなことはしないでくださいね。

 

いきなりフードの種類を変えてしまう事で、胃が付いて行けずに下痢をしてしまう事があります。

 

最初は9対1、次は8対1と言う風に、毎日少しずつ割合を変えていくのがベストです。

 

フードの種類を変える時は、時間をかけて切り替えてあげることも大切なことなので、覚えておいてくださいね。