ポメラニアンの飼い方・しつけ方・性格・価格

食事守りを解消する

 

子犬のうちから同じ兄妹犬でも、性格の違いというのがはっきりと表れてきます。

 

のんびり&おっとりしている性格の子犬もいれば、勝気で攻撃的な性格の子犬もいます。

 

どんなに大切な家族であっても、犬本来の本能という部分になると、簡単にいかないことも出てきます。

 

「食事守り」もその中の一つですね。

 

食事を取られると思い、人や兄妹犬がそばに行くだけで、うなって威嚇することもあります。

 

子犬のうちからこの行動をとる場合は、成犬になってからでは手がつけられず、飼い主さんであろうと、食事中に近付くと噛みついたりするようになる可能性も高くなります。

 

ですから、食事守りをする場合は子犬のうちから徹底して、根気よくしつけていくことが大切です。

 

まず、食事中に体を触りながら、一つまみフードを足してあげるなど、ご飯を取り上げようとしているのではないんだよ、ということを覚えさせなければいけません。

 

仮にこの時、うなったり噛みついたりしても、これは本能的なものなので、叱っても効果はありません。

 

どうしても自分で手に負えない場合は、ドッグトレーナーに相談するのもいいと思います。

 

食事守りは、成犬になってしまうとドッグトレーナーでも、解消するのが難しいので、できるだけ早いうちに何らかの対策をとっておくことが大切ですね。