ポメラニアンの飼い方・しつけ方・性格・価格

人間と同じ食べ物を与えない

 

人間と同じ食べ物を与えないことも徹底しておきたいことの一つです。

 

食事中もそうですが、スイーツやおやつを食べていると、なにやら熱い視線を感じることがあります。

 

物欲しそうに、尻尾を振りながら見つめられてしまうと、ついついおすそ分けしてしまいたくなりますが、人間の食べ物はワンちゃんにとっては毒になる場合もあるという事を理解しておきましょう。

 

人間がおいしい物が、必ずしもワンちゃんにとって美味しくていいものとは限りません。

 

食卓や、何かを食べている時に、ねだられてつい与えてしまうと、甘えればもらえるという事をしっかりと学習してくれます。(笑)

 

ですから、このついついが癖になってしまうのですね。

 

少量ならいいだろうと思う気持ちもわかります。

 

でも少量も毎日続けば、ワンちゃんにとってあまりよくない成分があった時、少しずつ体内に蓄積されてしまうこともありますね。

 

今はよくても将来は?

 

何かの病気にさせてしまう可能性だって十分に考えられるのです。

 

以前知り合いに、こういう考えの人がいました。

 

「犬の一生は短いのだから、思うように好きなようにさせてあげたい。」

 

この気持ちもわからないわけではありません。

 

中にはこういう考えの飼い主さんもいるでしょう。

 

でも、本当にワンちゃんにとって何が良くて、何が悪いのかを考えてあげることも必要だと思います。

 

こればかりは、飼い主さん次第です。

 

人間と同じ食べ物を与えないと徹底するか、ちょっとくらいいいじゃない、と思うかはあなた次第ですね。