ポメラニアンの飼い方・しつけ方・性格・価格

ドッグフードの保存方法

 

ドッグフードの保存方法については、私の経験なども含めてお話していきたいと思います。

 

多頭飼いという事もあり、ドッグフードを購入する時は、お得になる大袋入りを選んでいました。

 

一応封を切ったら、大きめの洗濯バサミのようなもので袋の切り口を丁寧に折り曲げて止めていました。

 

でも、どんなに注意していてもやっぱり袋の最後の方になってくると、ドッグフードの風味のようなものが飛んでしまうのですね。

 

そうすると、ワンコ達もあまり美味しそうには食べてくれないんです。

 

毎日の中で楽しみの一つでもある、お食事タイムがこれでは可哀そうなので、私なりに工夫してみました。

 

ちょっと手間がかかりますが、1kg入りのフードをたくさん買うよりは手間をかけるタイプなのです。(笑)

 

まず、フードの封を切ったら、ジップロックのようなチャック付きでしっかりと密閉できる袋を用意します。

 

私は一番大きいサイズを使っていますが、これはフードの量に合わせればいいと思います。

 

まず、最初に風味が逃げないように、何個かに小分けにして一度チャックを閉めます。

 

海苔とか、お菓子などに入っている乾燥材を入れておくとさらにいいですね。

 

じかにフードに触れるのが心配な時は、ダシパックなどに入れて袋の中に入れておくといいですよ。

 

少し余裕を持たせてフードを適量詰めたら、最後のチャックを止める前に、ストローで中の空気をできるだけ外へ吸い出します。

 

この時、思いっきりドッグフードの香りがしますが、そこは可愛いワンコのため、我慢です。(笑)

 

こうすると完全ではないものの、半真空状態になるのでフードの風味も落ちずに長持ちするんですね。

 

夏場は冷蔵庫や風通しのいい場所に保管しておくとさらにいいですよ。

 

最後の一粒まで新鮮なものを食べさせてあげることができます。

 

もしもドッグフードの保存方法で悩んでいるなら参考にしてみてくださいね。