ポメラニアンの飼い方・しつけ方・性格・価格

リーダーは常に飼い主

 

リーダーは常に飼い主であるという事は、必ず理解させる必要があります。

 

子犬のうちにこのことを覚えさせておかないと、成犬になってから色々と苦労することになるので、まずはリーダーは常に飼い主であるという事を覚えさせていきましょう。

 

遊びを通じて飼い主がリーダーであることを学習させることもできます。

 

おもちゃを使って遊ぶ時でも、遊び始めるのも飼い主さんで、今日はここまでと切り上げるタイミングを決めるのも飼い主さんです。

 

食事も、リーダーである飼い主さんが先に食べ始めましょう。

 

犬の食事を先にしてしまうのはよくありません。

 

犬は家族を一つの群れとして考える習性がありますね。

 

群れでは何をするのもリーダーが優先されているため、食事を飼い主さんより自分が先に取ることで勘違いをさせてしまうことにもなるのです。

 

マテ、コイ、ヨシなどのしつけも大切になってきます。

 

最初から上手にできなくて当たり前と思い、出来た時は思いっきり褒めてあげましょう。

 

リーダーに褒めてもらえればワンちゃんだって嬉しいはずです。

 

このためにも常に一貫した態度をとるというのも大切になります。

 

その日の気分次第で子犬との接し方を変えてしまうようなことはやめましょう。

 

しつけをするにも、しっかりとリーダーが誰であるのかを認識させておきましょう。

 

リーダーは常に飼い主であるという事を飼い主さん自身がしっかりと自覚を持つことも大切です。