ポメラニアンの飼い方・しつけ方・性格・価格

しつける時は犬の目をしっかりと見る

 

しつける時は、犬の目をしっかりと見るようにしましょう。

 

アイコンタクトは、犬と暮らしていく上でとても重要なことだと思っています。

 

しつけをする時にも、しっかりと目を見て行う事が大切です。

 

人と話をするときもそうですね。

 

目も合わせず会話するのは、なんだかおかしいですよね。

 

特に犬は言葉を話せないため、飼い主さんの出すコマンドを一生懸命聞こうとします。

 

この時、やはり目と目を合わせるアイコンタクトがポイントになります。

 

マテ、ヨシ、スワレ、イケナイなど、どの場合でも必ず犬の目を見ましょう。

 

犬と一緒に暮らしてみるとわかることなのですが、犬は常に飼い主を見ています。

 

何か視線を感じるな〜と思うと、我が家のワンコ達がこっちを見ているのです。

 

この時、「ん?どした?こっちおいで」というと嬉しそうに尻尾を振って駆け寄ってきます。

 

時には、何かしている私の足元に来て、上を見上げてかまってほしそうにしていることもあります。

 

この時も必ずお互いが目と目を合わせていますね。

 

「今は忙しいから後でね」というと、しょんぼりしたような表情で自分のベッドに戻ります。

 

その代わり用事が済んだ時は、思いっきり遊んであげます。

 

この時も常に目を見て、アイコンタクトは欠かしません。

 

信頼関係を築くのにも、とても大切なことではないでしょうか。

 

「しつける時は犬の目をしっかりと見る」ということを意識して根気よくしつけをしていきましょう。