ポメラニアンの飼い方・しつけ方・性格・価格

直後に褒める又は叱る

 

何かをした時に、すぐにその場で叱る又は褒めることは、とても大切なことなんです。

 

犬は何かをしても、それをいつもでも覚えていません。

 

飼い主さんが留守の間に、トイレを失敗してしまったとしましょう。

 

飼い主さんが帰宅した時、それを見つけて叱ってしまった場合、犬はその直前にしていたことを叱られたのだと思ってしまうのです。

 

例えば、寝ていただけなのに、上手にお留守番をしていたのに、帰って来てからいきなり叱られたら、混乱してしまいますね。

 

飼い主さんがなぜ自分を叱っているのか理解できないのです。

 

思いつきで褒めてもいけません。

 

もしも、その直前にキッチンのテーブルの脚をガリガリかじっていたら、それに対して褒められたのだと勘違いしてしまうかもしれません。

 

しつけの基本も、そうです。

 

その場で、すぐにが大切なんですね。

 

タイミングを逃してしまうと、しつけも上手にいかないことが多い気がします。

 

直後に褒める又は叱る、ことを徹底して、意識していきましょう。

 

トイレのしつけにも、直後に褒める又は叱るが有効的です。

 

でも、トイレを失敗した時に叱ってしまうと、排泄自体が悪いことだと思い込んでしまう事もあります。

 

トイレのしつけの場合は、失敗した時はひたすら無言で視線を合わせないようにしましょう。

 

上手にできた時だけ思いっきり褒めればいいのです。