ポメラニアンの飼い方・しつけ方・性格・価格

気分で叱らない

 

しつけをする時に、飼い主さんのその時の気分次第で態度を変えたりするのは一番良くない事です。

 

しつけの基本はタイミングなので、いたずらや、遊びの途中でつい興奮して噛んでしまったりした時は、すぐにその場で叱ることが大切です。

 

飼い主さんに叱られた時、ワンちゃんは直前に自分がとった行動に対して叱られたのだと理解します。

 

ですから、飼い主さんがさっきしたことに対して、後から思いだすことができても、ワンちゃんにはそれができません。

 

ただお利口にしているだけなのに、突然叱られても全く何のことかが理解できずに混乱してしまいます。

 

こうなってしまうと飼い主さんに対する、信頼も薄れてしまいます。

 

信頼関係が崩壊してしまっては、ワンちゃんと暮らしていくことが難しくなってしまうので、よく頭に入れておきたい事の一つですね。

 

確かに毎日の生活の中で、ストレスがたまったり、上手くいかないことがあったりすると、良い気分とは言えないこともあります。

 

そんな時に、いつしたかわからない、おしっこの跡がカーペットの上にあったら・・・確かにイラっときてしまうものです。

 

でも、すぐに気付かなかった、または留守にしていた場合は、ここで叱ってはイケナイのです。

 

掃除をする時には無言でします。

 

叱る時は、やってはイケナイことをした直後に叱ることが大切です。