ポメラニアンの飼い方・しつけ方・性格・価格

体罰は与えない

 

しつけをする時は、体罰は与えないことも大切なポイントになります。

 

しつけの時に、叱りながら叩きながらしつけても、あまりうまくいかないのではないでしょうか?

 

何より体罰は、ワンちゃんにとって悲しくて不安で、不快なものでしかないと思うのです。

 

その気になったら小型犬のポメラニアンだって、人に大けがをさせてしまう事ができるのですから。

 

体罰は信頼関係をも崩壊させてしまう事があります。

 

叩けば覚えるだろうという考えはどうか捨ててください。

 

むしろその逆で、褒めて伸ばすしつけの方が、圧倒的に上手くいくのですから。

 

「しつけ=体罰」と思うのは人間のエゴです。

 

大型犬や気性の激しい性格の犬の場合は、時には体罰的なしつけも必要になってくることがあります。

 

でも、叱る時も体罰の時もタイミングがとても重要です。

 

しつけのプロに限っての話なので、素人は体罰はしない方が無難だと思っておくといいですね。

 

愛情を持って叱っているつもりでも、ワンちゃんにそれが伝わるとは限りません。

 

大切に思っているのに、信頼してもらえなかったら飼い主さんだって悲しいし、残念ですよね。

 

なので、これから犬を飼おうと思っているのなら、まず体罰というのは、しつけから除外して考えてみましょう。

 

どうしてもうまくいかない場合は、しつけ教室やドッグトレーナーに助けてもらえばいいのです。

 

しつけの時は、体罰は与えないことを覚えておいてくださいね。