ポメラニアンの飼い方・しつけ方・性格・価格

トイレのしつけは習性を上手く利用する

 

ポメラニアンに限らず犬の習性を利用してしつけをするのは、どの犬種にもいえる事といっていいと思います。

 

しつけで一番大変なのは、トイレのしつけのような気がします。

 

だって、いくら可愛くて大切な家族の一員でも、そこらじゅうでトイレをされてはたまったもんじゃありませんからね。

 

トイレのしつけは難しいと思われがちですが、習性を上手く利用することで意外と簡単にできることもあります。

 

まず、子犬の場合はトイレのタイミングがほぼ決まっていますので、タイミングに合わせてトイレに連れていく、または誘導することを意識してみましょう。

 

寝起き、食後、このタイミングでトイレをすることが多いので、わかりやすいんですね。

 

子犬が目を覚まして起きた時、食事を終えた後は、トイレタイムであると覚えておきましょう。

 

これ以外にも、トイレをすることがありますが、直前にソワソワしたり、臭いをかぐようなしぐさをしたらトイレのサインです。

 

最初は、まだヨチヨチ歩きということと、家の中の環境に完全になじんでおらず、どこに何があるのかわかっていない状態です。

 

飼い主さんが、トイレに連れていくか、トイレに誘導しやすい環境を作っておくことも大切です。

 

サークルの中にベッドとトイレを設置している場合は、目が覚めたらとりあえずベッドから出てトイレに行くことが多いので、こうしておくと自然とトイレを覚えてくれるのです。

 

トイレが上手に出来たら、すぐに思いっきり褒めてあげてください。

 

根気よく続けていけば、ちゃんとトイレを覚えてくれるようになります。