ポメラニアンの飼い方・しつけ方・性格・価格

甘噛みのしつけは力関係を教える

 

ポメラニアンの子犬でも、つい遊びに夢中になって興奮した時に噛まれたらかなり痛いものです。

 

悪気がなくても、甘噛みの時から人を噛んではいけないという事を徹底して、しつけて行くことが大切です。

 

甘噛みだから仕方ない、子犬のうちは歯が生えてくるからかゆくて噛むんだと、油断していると成犬になってからも、気に入らないことがあると人を噛んでしまうようになるので注意しましょう。

 

子犬のうちは、とりあえず、噛んで確かめるのが子犬の確認方法です。

 

母犬や兄弟犬と長く過ごしていればお互い噛み合って、噛んだら相手が怒る、噛まれたら痛いんだという事を学習します。

 

でも、ずっとそういうわけにもいかないものです。

 

子犬を家族として迎え入れたら、その日から飼い主さんが母犬代わりになって教えていってあげないといけません。

 

私の甘噛みのしつけ方法を紹介しておきますので、参考にして頂ければと思います。

 

まず、甘噛みをしたら大きな声を出して「痛い!」と驚かせます。

 

大きな声に一瞬驚いて噛むのを止めます。

 

これを何度か繰り返していくだけで甘噛みをしなくなるので、効果はあると思います。

 

それでも噛んでくる子の場合は、痛いといいながら、口の中に手を押し込みます。

 

この時、力を入れる必要はありません。

 

大抵、オエっとなるので自分から噛むのをやめるようになります。

 

私の場合は、瞬間的に大きな声を出すこと、それでも噛む時は、口に手を押し込む事で甘噛みをしなくなりました。

 

こうしていくことで、飼い主さんとの力関係も理解してくれると思います。