ポメラニアンの飼い方・しつけ方・性格・価格

散歩のしつけは主導権を犬に譲らない

 

散歩の時にはとても生き生きとして楽しそうなので、ついワンちゃんの行きたい方向へと行ってしまっていませんか?

 

散歩の時にこれをしてしまうと、飼い主さんが気付かないうちに、ワンちゃんが主導権を握ってしまう事になります。

 

家の中でどんなに完璧にしつけているつもりでも、意外と散歩中は見落としがちになるので注意しましょう。

 

まずは、飼い主さんが行く方向を決めます。

 

少しリードは短めに持つといいですね。

 

何かに驚きとっさにワンちゃんが走りだしたりした時にも、リードを短く持つことで、上手にコントロールできます。

 

かといって、あまり短すぎてもワンちゃんが歩きにくいので、ある程度のたるみは持たせておきましょう。

 

リードそのものの長さにもよるので、ちょうどいい長さを考えてください。

 

もしも、飼い主さんより先に歩こうとしたら、軽くリードを引きできるだけ飼い主さんより先に行かないようにします。

 

この時、名前を呼びながら、アイコンタクトも取っておきましょう。

 

散歩の途中でも常にお互いを意識しておくことも大切なことなのです。

 

言う通りにできたら、褒めてあげることも忘れずに。

 

ちょっと慣れてくると、行きたい方へ行こうとするので、この時、一瞬軽くリードを引き衝撃を与え、そっちではないと教えます。

 

ポメラニアンのような小型犬の場合は、力は必要ないので、加減してくださいね。

 

常に飼い主さんが、散歩の主導権を握ることも主従関係を覚えさせる大切なしつけになるので覚えておきましょう。