ポメラニアンの飼い方・しつけ方・性格・価格

ポメラニアンの飼育環境

 

ポメラニアンのチャームポイントでもあるフサフサの毛は、保温性に優れています。

 

寒さに弱いとされる小型犬の中でも、比較的寒さには強い方といってもいいですね。

 

でも、真冬に外に置いても平気という事ではありませんので、基本的には室内で飼育します。

 

過ごしやすい時期には、日中お庭で遊ばせるなど外で過ごすのもいいと思います。

 

寒さに強い半面、暑さには弱いので暑い時期には特に注意してあげましょう。

 

子犬の時はちょっとしたことでも体調を崩してしまうので、室温などにも注意が必要になります。

 

成犬になってからも、夏の暑い時期にはサマーカットにしてあげたり、できるだけ過ごしやすく工夫してあげてくださいね。

 

ポメラニアンは警戒心が強いのでよく吠える傾向にあります。

 

集合住宅で飼う場合は、無駄吠えのしつけをしっかりと行いましょう。

 

見た目は豊かな毛でふんわりとしていますが、手足や体はとても小さく細いです。

 

抱いて歩いている時に誤って落下させてしまったり、飛び降りたりすると骨折しやすいので注意しましょう。

 

小型犬は体高が低いので、人間が快適と思える温度でも、寒く感じたり、暑く感じたりすることもあります。

 

室温を数字だけで判断するのではなく、床の温度を触って確認したり、ワンちゃんの体を触るなどして確認してあげてくださいね。