ポメラニアンの飼い方・しつけ方・性格・価格

犬の登録をする

 

犬の登録をするのは、飼い主としてのマナーです。

 

犬の登録をするのは、ワンちゃんの生涯に一度だけなので必ずしておきましょう。

 

「登録ってどこでどうすればいいの?」と思う人もいると思います。

 

生涯に一度だけといっても、ペットショップなどでも質問しない限り教えてくれないと思いますからね。

 

新しく家族に迎え入れたら、まず最初の2回ないし3回のワクチンが済んでいない場合は、ワンクチン接種のために動物病院に行きますね。

 

その時に犬の登録について質問しておくといいでしょう。

 

一般的には、春に行われる狂犬病の予防接種の時に、一緒に犬の登録をすることもできるのですが、子犬の生まれた月によっては間に合わない場合もあります。

 

春過ぎに生まれた場合は、翌年まで待つのではなく、時期をずらして狂犬病の予防接種をしますので、その時に予防接種を打った証明書を発行してもらいます。

 

その証明書を持って保健所に行けば、登録も予防接種を打ったという証明にもなる鑑札と犬と書かれた小さいりステッカーをもらいます。

 

鑑札はカラーにつけておけば、万が一迷子になった時に、すぐに飼い主さんがわかるので必ず付けておきましょう。

 

犬と書かれたステッカーは、玄関の入り口のわかりやすいところに貼っておきます。

 

登録料は1頭につき、3,000円です。

 

面倒という理由や3,000円も払うのが馬鹿らしいという理由で犬の登録をされない飼い主の方がいるのも事実です。

 

しかし、犬の登録をするのは狂犬病予防法という法律で決まっています。

 

未登録の場合は、罰金20万円と愛犬が没収処分になります。

 

後々、後悔しないためにも犬の登録は必ずしておきましょう。